多重債務 解決
アップルシードNAVI
『アップルシード[APPLESEED]』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
登場人物
ブリアレオス・ヘカトンケイレス

声優
坂口芳貞(OVA)
小杉十郎太(劇場版)

キャラクター解説
2096年誕生。男性。ほぼ全身を機械化し、戦闘用の装甲とセンサーを備えた、戦闘サイボーグ。作者は雑誌『B-CLUB』で「サイボーグになる前の姿は、屈強な黒人男性を想像している」と述べたことがある(「データブック」ではデュナンと出会った頃とサイボーグ化直前の素顔が描かれている)。映画版では漫画と設定が異なり白人であり、彼の遺伝子を持つクローンもエクスマキナに登場する。またヘカトンケイルに適応できたただ一人の人物とされている。幼いころにソ連KGBにスカウトされるが作戦将校を殺害したため逃亡、フリーになる。2116年にデュナンと出会い、カール・ナッツのチームに入隊する。その6年後爆発事故によりサイボーグ化を始めた。外見的にはロボットのようだが、高度な技術による人工筋肉・人工皮膚を使用している有機質サイボーグ。また人間として残っている臓器もある。この時代では脳機能がかなり解明されており、人工脳組織による脳の増量も行っている。これは彼の装備している高性能センサー類の情報処理の為らしい。表皮の体温はコントロール可能だが、彼は普通の人間に近い温度を保っている。これは恋人(デュナン)のためである。皮膚は柔らかくはないが弾力がある。彼はヘカトンケイルシステムによって全身を制御するという、珍しいタイプのサイボーグであり、ヘカトンケイルシステムの能力でブリアレオスが損傷した場合も部品交換が早く、また追加装備により4本の腕を同時に操作したり、空母を丸ごと制御する事も可能と言われている。大戦後はデュナンと共に廃墟生活を送っていたが、2127年オリュンポスに移住、ESWATに入隊する。オリュンポス移住後はボディの改造・改良をたびたび行っている。
出典:Wikipedia
デュナン・ナッツ
ヒトミ(人美)
宮本義経
ドクトル・マシュー
アテナ・アレイアス
ニケ

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

アップルシードNAVI
探偵 携帯ゲーム 任意整理 携帯deゲーム!! 漫画